クリスマスとサンタクロースTop >  クリスマスケーキ >  フランスのクリスマスケーキ

フランスのクリスマスケーキ

フランスのクリスマスケーキ

フランスのクリスマスケーキといえば、
ビュッシュ・ド・ノエルが有名ですね。
ブッシュ・ド・ノエルともいうそうです。

丸太の型をした、ロールケーキのようなの見たことないです?
あれが、フランスのクリスマスケーキ、ビュッシュ・ド・ノエルです。

フランス語でノエルが「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で
「クリスマスの薪」の意味があるそうです。

その名の通り薪(または切り株)の形をしています。

基本的にクリスマスケーキとして食べられています。
他のケーキ同様に洋菓子店で売られていますが、一部出来合いの市販材料を使うことで、
家庭でも比較的簡単に作ることができるそうです。

輪切りにしていない長いままのロールケーキの表面を
ココアクリーム(ココアで茶色く着色したバタークリーム)で覆い、
そこにフォークでひっかくようにして波型の筋をつけて、樹皮をかたどります。

さらに枝を模したチョコレートや、雪を模したホイップクリームや
粉砂糖でデコレーションして作られます。

なぜ薪の形なのかについては幾つかの説がありますが、
一つには「キリストの誕生を祝い、暖炉で夜通し薪を燃やした」ことに
由来するとも言われています。

ただしクリスマスがキリスト教以前の冬至祭を起源とするのと同様、
もともと北欧の古い宗教的慣習から続くものとの説も存在しているようです。

フランスのクリスマスケーキ
ビュッシュ・ド・ノエル

フランスのケーキって甘いんでしょうかね?

アメリカのケーキは、めっちゃ甘かったですが・・・・・・


クリスマスとサンタクロース


スポンサードリンク

クリスマスケーキ

関連エントリー


スポンサードリンク
クリスマスとサンタのリンク
クリスマスとサンタのRSS